1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. トランプスピーチ

トランプ勝利演説の英語を徹底解説パート4

このパートでは今後の経済計画や、他国との関係について述べています。 アメリカを第一に考えているトランプですが、他国に対しては皆平等に扱うです。
さすが、「プーチン大統領はオバマ大統領よりも優れている」と言っただけありますね。 他国との関係はこれまでのアメリカの姿勢とは大きく変わり、今まで敵対していた国に対しても、仲良くやっていくつもりだそうです。

We will embark upon a project of national growth and renewal.
I will harness the creative talents of our people, and we will call upon the best and brightest to leverage their tremendous talent for the benefit of all. It is going to happen.

We have a great economic plan. We will double our growth and have the strongest economy anywhere in the world.
At the same time, we will get along with all other nations willing to get along with us. We will be. We will have great relationships. We expect to have great, great relationships.

No dream is too big, no challenge is too great. Nothing we want for our future is beyond our reach. America will no longer settle for anything less than the best.

We must reclaim our country's destiny and dream big and bold and daring. We have to do that. We're going to dream of things for our country, and beautiful things and successful things once again.

I want to tell the world community that while we will always put America's interests first, we will deal fairly with everyone, with everyone. All people and all other nations. We will seek common ground, not hostility; partnership, not conflict.

日本語対訳!音声付

  • We will embark upon a project of national growth and renewal.
  • 私たちはこれから国の成長と再生のための事業に取り掛かります。
  • I will harness the creative talents of our people,
  • この国の人々が持つ創造力のある才能を活かします。
  • and we will call upon the best and brightest to leverage their tremendous talent for the benefit of all. It is going to happen
  • そして私たちは、最も優秀な人材を求め、彼らのとてつもない才能がみんなの利益になるように活用します。そうなるのです。
  • We have a great economic plan.
  • 私たちには優れた経済計画があります。
  • We will double our growth and have the strongest economy anywhere in the world.
  • 国の成長を倍に伸ばし、世界でどこよりも強い経済力を持つようになります。
  • At the same time, we will get along with all other nations willing to get along with us. We will be.
  • それと同時に、わが国と円満に付き合う意思があるすべての国と、協調していきます。そうなるのです。
  • We will have great relationships. We expect to have great, great relationships.
  • 私たちは良い関係を築きます。とても良い関係が築けるでしょう。
  • No dream is too big, no challenge is too great. Nothing we want for our future is beyond our reach.
  • どんな夢も、どんな挑戦も大きすぎる事はありません。私たちが将来に望むものに、手が届かない物などありません。
  • America will no longer settle for anything less than the best.
  • アメリカはこれから最良以外で手を打つ事は、今後ないでしょう。
  • We must reclaim our country's destiny and dream big and bold and daring.
  • この国の運命を取り戻し、大きさと勇敢さと大胆さを夢見なければりません。
  • We have to do that. We're going to dream of things for our country, and beautiful things and successful things once again.
  • そうしなければなりません。国のためにこれらの夢を実現させなければならない、美しさと繁栄を再び。
  • I want to tell the world community that while we will always put America's interests first, we will deal fairly with everyone, with everyone.
  • 私は国際社会に言いたい、常にアメリカの国益が最優先だが、誰に対しても公平に接していきます。
  • All people and all other nations. We will seek common ground, not hostility; partnership, not conflict.
  • すべての人々とすべての国々に。敵対ではなく共通点を模索していきます。争いではなく、強力関係です。

ボキャブラリ&表現を解説

  • embark (事業などに)乗り出す
  • national growth and renewal 国の成長と再生
  • harness 生かす、活用する
  • creative talent 創造力のある才能
  • the best and brightest 最も優秀な人材
  • leverage 利用する、活用する
  • tremendous talent とてつもない才能
  • get along 仲良くする
  • settle 解決する、手を打つ
  • reclaim 取り戻す
  • bold 勇敢な
  • daring 大胆な
  • interest 利益
  • seek 探し求める
  • common ground 共通点、共通意識
  • hostility 敵意、敵対
  • conflict 争い

harness

"harness"とは馬車を引く際に馬に取り付ける馬具の事です。

harnessの意味

しかし、ここでの"harness"は「利用する、活用する」と言った意味になります。

"leverage"との違いは何?
トランプの演説の中で、"harness"を使った同じ文章内に"levarage"も登場します。 どちらも「活用する」と言った意味があるのですが、具体的な違いは何でしょうか?

"harness"は主に既にある物を生かすだけと言ったニュアンスです。
しかし、"leverage"は既にある物を、さらに拡張させるといった感覚があります。

また"leverage"はビジネスなどの世界でも使われる単語です。よそからお金を借り投機を行うといった意味があります。 投機とは、当たれば利益が大きいことを行う行為の事なので、"levarage"の「既にある物を拡張させる」と言った感覚が感じ取れると思います。

トランプが言いたいのは人々の"creative talents"「創造力のある才能」を生かし、さらに"tremendous talents"「途方もない可能性」を引き出すといった感じです。

the best and brightest

このフレーズだけで「最も優秀な人材」と言った意味です。
元々1960年代のアメリカでケネディー大統領とその政権を受け継いだジョンソン大統領の政権時代の官僚や補佐官を"the best and the brightest"と呼んだのが始まりです。

interest

"interest"にはいくつかの意味があります。最も代表的なのは「興味、関心」と言った意味ですね。 しかし、ここでの"interest"の意味は「利益」を意味します。

"America's interests first"で「アメリカの国益が第一」となります。 また、この"interest"は通常"s"を付けて複数形で使われる事がほとんどです。

"interest"には他にもお金を借りた時の「利子」や、法律上の「権利」などの意味もあります。

common ground

"ground"は「土地、地面」と言った意味もありますが、他にも「立場、意見」と言った意味もあります。 そのため、"common ground"で共通の意見、つまり共通認識と言った意味になります。

関連記事
トランプ就任演説の英語を徹底解説パート3|【生声&動画有り】 生声と英語&日本語字幕付き動画を使いながら、演説で使われている英語を詳しく解説しましょう。トランプ大統領就任演説3弾ではアメリカの悲惨な現状に終止符を打つといった内容で...
トランプ勝利演説の英語を徹底解説パート5|トランプの家族構成も必見 このパートではトランプ次期大統領が今まで支えてくれた家族に対して感謝を述べています。今回は演説内容の解説だけでなく、トランプの家族構成や、兄弟達の過去、子供たちのプロ...
トランプ就任演説の英語を徹底解説パート2|【生声&動画有り】 トランプ大統領就任演説2弾では腐敗しきったワシントン政治から国民へ権限を移行させる内容を強調しています。生声と英語&日本語字幕付き動画を使いながら、演説で使われている英...
トランプ勝利演説の英語を徹底解説パート3|【生声&動画有り】 トランプは今までのビジネスの経験を元に低所得地域へのインフラ投資を積極的に行うそうです。果たして本当に演説通りのことをしてくれるのでしょうか?勝利演説パート3では低所得...
トランプ就任演説の英語を徹底解説パート1|【生声&動画有り】 2017年1月20日のトランプ大統領就任演説で使われている英語を徹底解説します。日本語と英語の字幕付き動画と日本語対訳、生声を使いながら、気になるボキャブラリや表現も詳しく説...