1. ホーム
  2. 英会話スクールの英語

英会話教室でI'm fine は使っちゃダメ!会話を殺す表現

I'm fineは使っちゃダメ

日本人が中学生に上がり最初に学ぶ会話表現として、"How are you?" "I'm fine, thank you."が有名です。 実はこの表現間違ってはいないのですが、非常に不自然で、出来れば使いたくない表現です。

I'm fineは会話を終わらせる表現

日本人は中学校で最初にこの表現を勉強するので、英会話教室でも"Hi!"と言われただけで、反射的に"I'm fine, thank you."と答えてしまう人も沢山います。 もちろん間違った表現ではないのですが、ネイティブが挨拶をする時"I'm fine."と答えることは実は非常にまれです。

"I'm fine"は通常以下のような場合に使う事が多いでしょう。

  • Are you ok?
  • 大丈夫ですか?
  • I'm fine
  • 大丈夫です。

挨拶と言うよりは、誰かに心配されたときに「大丈夫です」と答える場合に使う事が多いです。

または、挨拶はしたいけどお互い時間が無いときに使う事もあります。 例えば、会社の廊下ですれ違った同僚に挨拶として、

  • Hi, how are you?
  • 元気ですか?
  • I'm fine
  • 元気です。

"I'm fine."とだけ答えてすぐに行かなければならない場合です。 または、会議の冒頭に挨拶をして、すぐに本題に入りたい場合など、"I'm fine."と言う事もあります。

日本人が使う表現として"I'm fine."の他には、"I'm so-so."などもあります。 いずれも、会話をストップさせるような場合に使う表現なので、当然英会話教室で使うのは非常に不自然な表現なのです。 このような表現で会話を終わらせてしまっては英会話教室に通う意味が無くなってしまういます。

このような表現を通常の挨拶として教えている日本の英語教育には大きな問題があるでしょう。 それではネイティブは実際どのような表現を使うのでしょうか?

ネイティブが使う様々な挨拶表現

英語には日本語以上に様々な挨拶の表現があります。 例えば、How are you?と聞かれたら、以下のような表現が使えます。

  • I'm ok.
  • 悪くないよ/大丈夫だよ
  • Not bad.
  • 悪くないよ
  • Pretty good.
  • とてもいいよ
  • I'm excelent.
  • すごく元気だよ

また、ただ答えるだけでは、答えた後にシーンと沈黙になってしまうのできちんと聞きかえる事が会話を継続するコツです。

  • I'm pretty good, and you?
  • とてもいいよ。君は?
  • Not bad, and you?
  • 悪くないよ。君は?

ただ、このような聞き返しの表現ですが、あまり使いすぎると自分が話す時間が少なくなる弱点もあります。 自分の話をすぐに終わらせて相手に返してしまう表現なので、出来れば聞き返しの表現を言う前に、自分のことについてもう少し話してみましょう。

  • I'm ok, but I'm little tired, because I worked for 12 hours today.
  • 悪くないよ。だけどちょっと疲れた。今日は12時間働いたんだ。
  • I'm excelent. I won the lottery today.
  • 最高だよ!宝くじに当たったんだ。

このように、何でも構わないので、自分のことを少し話すように努力してみましょう。 ここから会話が広がり、より長く話せるようになります。

I'm bad. I'm not good. は出来るだけ使わない

何か悪いことがあった場合など日本人の多くは"I'm bad."や"I'm not good."と答える人も居ます。 これらの表現はもちろん間違っていないのですが、基本的に家族や親しい友人以外ではあまり使わないようにしましょう。

なぜなら、周りの人たちまで暗くなってしまうからです。
英会話教室だと話して手が講師や他の生徒なので、あまり親しくない事の方が多いでしょう。 もし、何か悪いことがあったのであれば、以下のように言うと良いです。

  • I'm ok, but I fought with my boyfriend yesterday.
  • 悪くないけど、昨日彼氏とケンカしちゃった。
  • I'm ok, but I had a cold.
  • 悪くないけど、風邪をひいている
このように"I'm bad."やI'm not good."ではなく、"I'm ok, but〜"と続けて話したほうがおすすめです。

How are you?以外の様々な表現を使ってみよう

"How are you?"は英語の挨拶としては最も良く使われる表現です。
基本的に挨拶をする時は"How are you?"で問題は無いのですが、 せっかく英会話教室に通っているので、他の表現も試して見ましょう。

  • How's it going?
  • How are are you doing?

"How's it going?"の"it"は"your life"を意味します。つまり、"How's your life going?"と聞いているのと同じです。 また、会ったことがある人に対しては、こんな表現も便利です。

  • How have you been?
  • 元気だった?
  • How have you been doing?
  • 元気だった?
  • Long time no see!
  • 久しぶりだね
  • What's new?
  • 最近何かあった?

"What's new?"と聞かれてなんて答えたら良いか分からない人も多いと思います。
本当に何も無ければ、"Nothing special"や"Not much"と答えてしまって問題ありません。 何も無ければ、"Now much, how abou you?"と逆に聞き返しても良いでしょう。

もちろん、何か話したいことがあれば、どんどん話して見ましょう。 今日の事や昨日の事、先週の出来事など何でも会話に取り組めます。

関連記事
【文法】英会話教室で英語を使って文法の質問をする方法 英会話教室で文法の勉強をする事は少ないかもしれません。しかし、意外な事に英会話を飛躍的に上達させるためには文法の知識は不可欠です。このページではネイティブ講師に英語を...
YesとNoを言い間違える日本人!長年英語を勉強してもまだ間違える YesとNoは英語が全く分からなくても誰もが知っている英単語です。しかし意外な事に日本人はこの2つの使い分けが非常に苦手で、長年英会話教室に通っていても間違える人が大勢いる...
英会話教室に通ってもなぜか上達しない!原因は復習にあるのかも 英会話教室に通っていてもぜんぜん上達しない!なんて人多いのでは?原因のほとんどは復習に使う時間が少ないか、またはやり方が間違っている場合です。それで復習には何時間かけ...
英会話教室で沈黙を無くすための必殺表現!気まずい雰囲気を払拭しよう 英会話教室では慣れていないと、どうしても沈黙が生まれてしまいがち。気まずい雰囲気になる事よくありますよね?このような沈黙を無くすための必殺表現を集めてみました。これさ...
英会話教室の講師が犯す英語の間違い!ネイティブを信じすぎてはダメ 英会話教室で講師によって言っている事がバラバラな事ってありませんか?初歩的な英語でもネイティブが知らない事って意外と多いんです。またスクールによっては講師が致命的な間...