YesとNoを言い間違える日本人!長年英語を勉強してもまだ間違える

YesとNoは日本人が中学生に入って最初に習う英単語と言ってもいいでしょう。 いくら英語を全く知らない人でもYesとNoぐらいは必ず知っています。

そんな、非常に馴染み深い英単語であるYesとNoですが、この2つの単語を言い間違える人が非常に多いことに驚きです。
Yesと言うべき時にNoと答えてしまったり、逆にNoと答えるべきところをYesと答えてしまったり非常に間違えやすい単語です。 しかも、英会話初心者ならともかく中級レベルになっても、間違いにすら気付いていない人が多いのも事実です。

それでは具体的に"Yes"と"No"を言い間違える時とはどのような場合でしょうか?

ネガティブセンテンスで日本人は必ず間違える

YesとNoを間違えると言っても、例えばこんな質問で間違える人はほとんど居ないでしょう。

もちろん、信じていれば"Yes"で問題ありません。信じていなければNoと答えればいいだけです。
それでは、ちょっと質問ではありませんが、こう言われたらどうでしょうか?

ここで、本当は「そんなことはない!信じているさ!」と言いたいところを"No"と答えてしまうと、 日本語では「はい」を意味します。

"No"と答えたということは、つまり"No, I don't trust you."を意味するので「あなたのことを信じていない」となります。 それでは、どういえばいいかと言うと、

Yesと答えれば、"Yes, I trust you"という意味になるので、「あなたのことを信じています」となります。
このように、ネガティブセンテンスでは、Yesは「いいえ」を意味し、Noは「はい」を意味します。

日本語の「はい」と英語の"Yes"は違う

なぜ日本人はこんな間違いをしてしまうのでしょうか? そもそも日本語の「はい」と英語の"Yes"は少し意味が違うのです。

日本語の「はい」は、どちらかと言うと英語では"That's correct"となります。 日本語の「いいえ」は、英語だと"That's not correct."でしょう。

もし、ネガティブセンテンスでYesとNoを言い間違えそうになったら、あえてYesやNoを言わずに、このように答えると間違いを防ぐことが出来ます。

これなら、日本語の感覚に非常に近いので間違える心配はありません。
もちろん、間違えずに答えられるのであれば、"Yes"や"No"で答えても問題はありません。

ポジティブセンテンスでも間違えやすいケース

上記のケースのようにネガティブセンテンスを言われたときに"Yes"と"No"は非常に間違えやすい単語です。 しかし、ポジティブセンテンスでも間違えやすい代表例がこれです。

こちらは、人に許可を求める時に非常に良く使われる表現です。 良く使われますが、日本人がYesとNoを間違えやすい例の代表格と言っても良いでしょう。

座っても良いか聞かれているので、Yesと答えれば良いかのように思えます。 しかし、"mind"は「気にする、嫌がる」と言った意味になります。

つまり"Do you mind if I sit here?"は直訳すると「もし私がここに座ったら嫌ですか?」となります。 そのため、もし座っても良いのであれば、当然答えは"No"と言うべきです。

関連記事
英語を使って英語の質問をしよう!英会話教室で役立つ会話術 英会話教室では会話中に知らない単語やフレーズがたくさん出てきます。そんな時に日本語を使わずに英語だけで語彙やフレーズについて質問できたら便利ですよね!このページでは英...
英会話教室の講師が犯す英語の間違い!ネイティブを信じすぎてはダメ 英会話教室で講師によって言っている事がバラバラな事ってありませんか?初歩的な英語でもネイティブが知らない事って意外と多いんです。またスクールによっては講師が致命的な間...
英会話教室で沈黙を無くすための必殺表現!気まずい雰囲気を払拭しよう 英会話教室では慣れていないと、どうしても沈黙が生まれてしまいがち。気まずい雰囲気になる事よくありますよね?このような沈黙を無くすための必殺表現を集めてみました。これさ...
英会話教室でI'm fine は使っちゃダメ!会話を殺す表現 日本人の多くは中学校に上がり、最初に"How are you?" "I'm fine, thank you."を習います。しかし、実際にこの表現をネイティブが使うことはほとんどありません。それどころか、会...
英会話教室に通ってもなぜか上達しない!原因は復習にあるのかも 英会話教室に通っていてもぜんぜん上達しない!なんて人多いのでは?原因のほとんどは復習に使う時間が少ないか、またはやり方が間違っている場合です。それで復習には何時間かけ...